B型肝炎の理由は?

症状が悪化すると、場合によっては命の危険が出る場合もあるB型肝炎ですが、このB型肝炎は、そもそもなぜ発症してしまうのでしょうか?B型肝炎を発症する原因は主に、これらがあげられます。

B型肝炎を発症する一番の理由は、水平感染と呼ばれる感染経路で、血液感染や粘膜感染です。
B型肝炎は肝臓にB型肝炎ウイルスが蔓延することで発症する病なのですが、B型肝炎ウイルスの感染経路は、血液をはじめとした、体液などからの感染や、性交などの粘膜感染が原因と考えられています。
ウイルスに感染している人(キャリア)を感染元として、ウイルスを保有していない人も発症する可能性があります。
水平感染でB型肝炎ウイルスを発症する方は非常に多く、発症する方のほとんどは、こちらが原因で感染すると考えられるでしょう。

次にあげられるのが、垂直感染と呼ばれる感染経路で、いわゆる母子感染です。
妊娠中母親がB型肝炎ウイルスに感染してしまった場合、血液を通してお腹の中の子供も、B型肝炎を発症してしまいます。
現在は詳細な検査方法がある為、水平感染の可能性は大きく減りつつありますが、こちらの感染経路も決してゼロではないという事を覚えて置く必要があるでしょう。

主にこれら二つが、B型肝炎ウイルスに感染する感染経路です。
B型肝炎ウイルスは、免疫力が低い幼児が発症してしまうと非常に危険な病気ですので、水平感染はもちろん、垂直感染には特に注意を行うことが大切と言えます。

Copyright © 2014 B型肝炎にかかる理由 All Rights Reserved.